• 脱毛に関する『何故?』を解決していくサイト
  • 脱毛の方法や脱毛サロンに関して疑問に感じることがあれば、このサイトで脱毛に関する情報をご確認ください。
  • 脱毛をしたらニキビが出来やすくなるの?

    トップページ
    お気に入りに追加

    脱毛をしたらニキビが出来やすくなるの?

    脱毛処理を行った肌は敏感になります。ぽつぽつとしたニキビが脱毛をしたところに出てくる人もいますが、実はこれはニキビではないのです。

    「毛嚢炎」と呼ばれる毛穴の奥に雑菌が繁殖することで起こる、皮膚炎の一種なのです。厳密に言えばニキビの一種なのですが、ニキビはできものの事を広く定義する言葉なので、ここでは割愛します。

    毛嚢炎は髭そりを行った後にできやすく、男性に多く表れやすいです。多くは深剃りしたときに切れた傷が悪化し毛嚢炎になります。

    一方で、女性にできやすい毛嚢炎というものもあるのです。男性よりも肌が敏感なので、ちょっとでも毛穴が傷ついてしまうと毛嚢炎になりやすといわれています。

    背中、ワキ、太もも、おでこ、など女性は脱毛をする範囲広範囲になる人が多く、全身に毛嚢炎が表れてしまいます。毛嚢炎荷は軽い物と思い物が存在し、ブツブツはあるけどかゆみや痛みを感じない軽い物や、痛みを感じる重いのまで、いずれにしても治療が必要です。

    毛嚢炎はどんな脱毛をした後でも発生すると考えられており、レーザー脱毛や光脱毛なら心配いらない、というわけではないのです。

    体毛を剃ったり焼き切ることで、毛穴のバリアを傷つけることで毛嚢炎はできてしまうのです。といっても適切な処置をすれば毛嚢炎は治療可能な症状です。

    一番手っ取り早い方法は、脱毛を行ったクリニックに相談に行くか、皮膚科に受診することです。塗り薬や飲み薬が処方されるので使用してください。

    その他に自分でできることといえば「肌を清潔にする」「免疫力を付ける」といった対策が可能です。肌を清潔にするには、定期的に衣服を着替え、体を洗う事で対処可能です。

    免疫力をつける理由としては、肌の再生速度を速め毛嚢炎の自己修復を行うためなのです。免疫力を付けるためには、しっかりと食事を行い、睡眠をとることが重要です。

    時間がなく栄養素が取れない場合はサプリメントで摂取してもかまいません。これらの自力でできる対策をすることで、毛嚢炎の大幅な改善が可能となります。

    ニキビや毛嚢炎を対策、治療するためには何をすればよいのか?