• 脱毛に関する『何故?』を解決していくサイト
  • 脱毛の方法や脱毛サロンに関して疑問に感じることがあれば、このサイトで脱毛に関する情報をご確認ください。
  • 脱毛マシンのメディオスターにはどんなメリットがありますか?

    トップページ
    お気に入りに追加

    脱毛マシンのメディオスターにはどんなメリットがありますか?

    痛みの少ない脱毛が受けられる

    メディオスターは医療レーザー脱毛を提供しているクリニックなどで導入している脱毛マシンです。従来のレーザー脱毛マシンでは高出力なレーザーを照射し、毛根を直接破壊していました。

    永久脱毛ができる反面、痛みが強いと言うデメリットがあったのです。しかしメディオスターではバルジと呼ばれる発毛因子を生成する領域にダイオードレーザーを照射しています。

    バルジ領域は毛乳頭と表皮の中間付近にあります。比較的浅い部分にあるバルジに蓄熱式でダメージを与えていると言った関係上、痛みの少ない脱毛が受けられると言うメリットがあるのです。

    痛みが強くてもクリニックなら麻酔がかけられます。しかし元々痛みの少ないメディオスターのほうが肌トラブルのリスクも少なくなっています。

    肌色や毛色に左右されずに脱毛できる

    従来のレーザー脱毛マシンでは黒い色に反応するレーザーを照射していました。その仕組みの関係上、色素の薄い毛だと反応が弱いことがあったのです。

    さらに日焼けして肌が黒くなると、肌に増えた黒い色のメラニンにレーザーが反応し、火傷のリスクが高まってしまいます。しかしメディオスターでは蓄熱式のために、肌色や毛色に左右されずに脱毛できると言うメリットがあります。

    従来の医療レーザー脱毛では毛嚢炎のリスクがありました。毛嚢炎にはニキビのような炎症が起こると言う特徴があります。自然に治ることが多いですが、見た目が悪くなるため気になることがありました。

    蓄熱式のメディオスターなら毛嚢炎のリスクも少なくなっています。

    脱毛期間が短い

    従来の医療レーザー脱毛では休止期にある毛根には反応が弱いため、成長期に合わせて照射していました。全ての体毛が成長期では無いため、脱毛期間が長くなることがあったのです。

    しかしバルジの場合、成長期は勿論のこと、休止期にも存在しています。そのためメディオスターは脱毛期間が短いと言うメリットもあります。

    810nmと940nmと2種類の波長により、処理残りのリスクも抑えます。

    脱毛マシンのメディオスターにはいろいろなメリットがある